お菓子作りの勉強|nlpのプラクティショナーを習得する|マスターしよう
メンズ

nlpのプラクティショナーを習得する|マスターしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

お菓子作りの勉強

スイーツ

長期休暇を利用

高校生も入学できる製菓を専門にしている通信教育があります。それを聞くと「通信だけで製菓(お菓子作り)ができるわけがない」と思われる人も多いかもしれません。確かに自宅でレポートばかりをしてても知識を得ることは出来ますが、実習が身につきません。しかし、通信教育ではそのレポート学習とは別に実は学校に通うスクーリング学習も取り入れています。そのスクーリング学習で実際にお菓子作りを体験していくわけです。「学校に通うなら一部の地域の人しか利用できない」と思われるかもしれません。しかし、実際は全国に生徒がいます。なぜならば、そのスクーリング学習は数日間集中して行われ、夏休みや冬休みの長期休暇を利用することができるからです。

遊びも勉強も一生懸命

そのため、高校生にとってはそのスクーリング学習をどう取り入れるかが重要となってきます。とある通信教育ではスクーリング学習で30日間(昼間)が必要となります。それを1年ないし2年で消化していけば、卒業の講義を全て受けることができるわけです。多くの高校生は夏休みを利用して30日間を一気に講義を受けてしまう人がほとんどです。同じように製菓の勉強をしようとする同世代の高校生も多くいるため、気の合う人と出会うことも多く、お互いに励まし合って製菓実習を受けることが多いです。またせっかくの夏休みで自宅から離れているため、エンジョイするのも悪くありません。勉強も遊びも一生懸命に挑めば、スクーリング学習はあっという間に終わってしまいます。