少子高齢化社会で必要な職|nlpのプラクティショナーを習得する|マスターしよう
メンズ

nlpのプラクティショナーを習得する|マスターしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化社会で必要な職

男性

たくさんの人と関わる仕事

社会福祉士は社会福祉専門の国家資格です。ソーシャルワーカーとも呼ばれ、日常生活を営むのに支障がある人に対して日常生活がスムーズに営めるように支援を行ったり、アドバイスや助言をしたりします。社会福祉士は多くの人と関わる仕事です。高齢者や障害を持った方はもちろん、行政や病院の関係者とも一緒に仕事をし、お互いに信頼関係を構築しなければなりません。その為、人と接する事が苦ではない人が社会福祉士に向いているでしょう。また社会福祉士は、相談業務が中心であるため、人の話を最後まできちんと聞き相手の状況や気持ちを理解できる力も必要となります。少子高齢化が深刻化した日本での社会福祉士への期待はますます高まっています。

国家試験の合格が必要です

社会福祉士になるには、国家試験の合格が必要です。様々なルートがありますが、4年制の福祉系大学を卒業し所定の指定科目を履修する事、また4年制の大学や2年制、3年制の短期大学で基礎科目を履修し短期養成施設、通信課程を履修する事などが主なルートです。新潟県で社会福祉士を目指したいという方もいるでしょう。新潟には社会福祉士になるために必要なことを学べる学校が多くあります。主婦の方や、働いている方なども国家試験の合格を目指すことが可能です。通信講座や通信制の大学を経て養成施設を卒業することで国家試験を受験するといったルートがあります。新潟にも通信講座がいくつかありますので調べてみると良いでしょう。新潟県における高齢者の割合は全国でも多い方です。その中で社会福祉士は重要な役割を担っていくでしょう。