言語能力を改善させる仕事|nlpのプラクティショナーを習得する|マスターしよう
メンズ

nlpのプラクティショナーを習得する|マスターしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

言語能力を改善させる仕事

ノートと筆記用具

医療や福祉の現場で活躍

医療や福祉の現場で働く「言語聴覚士」という職業があります。これは、聴覚障害や言語障害など、聞いたり話したりすることに障害を持った人々のサポートをする職業です。このような障害には、脳卒中によって発症する失語症や、言葉の発達が遅れ、認知症、難聴などがあります。言語聴覚士はこのような人々の障害の程度を検査し、言語能力を改善するために様々な訓練プランを作成します。筋力トレーニングを行って発声を改善したり、プリントやカードを用いて言葉を引き出したりします。また、嚥下障害の患者に対しても訓練を行って物をうまく飲み込めるようにします。日本では言語聴覚士の数が大幅に不足しているため活躍の場が見つかりやすい職業と言えます。

国家資格を取得

言語聴覚士になるには国家試験を受験して国家資格を取得する必要があります。国家試験を受験するにも資格が必要で、大学の専攻科や専門学校など、指定された学校を卒業することで受験できるようになります。資格取得後は様々な分野で活躍できます。基本的には病院や診療所といった医療の分野が多いですが、介護分野である老人ホームやサービスセンターなども対象になります。教育現場の小中学校で活躍する方もいるでしょう。現在は医療施設で働く人が約70%と多くを占めていますが、これから活躍の場は広がっていくと期待されています。国家試験は筆記試験で、基礎医学や心理学、音声・言語学などの試験科目があります。資格取得のための学校を選ぶときは、これら試験に対応できるような幅広いカリキュラムを持ったところを選ぶようにしましょう。